が怖い、なんだか怖い、不安になるは自律神経活性療法でよくなるでしょうか?
人が怖い、なんだか怖い、不安になるは自律神経活性療法でよくなるでしょうか?にお答えします。


 
仕事をするのが怖い

仕事をするのが怖い
体の状態は疲れやすい、目が霞む、頭がすっきりしない、左足がしびれている。

この仕事を30年間行っているストレスのようだ。」健康診断はまったく『正常』と記載されている。

ミスをおかすことが絶対に許されない自分の立場としては、とにかく仕事をするのが怖いとお話になる。     452頁~



なにか、すごく怖い

M子自身が″なにかすごく怖い、人がつけてくる″といって…

施療の見通しとしては、下痢が治るのに刺激を八回、人影に怯えなくなるまでに一二回の刺激が必要でしょう。そのあとは指示した…
                          144頁~



部室の中にいるのが非常に怖い

三日に一度くらいの割り合いで下痢したり、便秘したりする、声がかん高いということが自分でもわかり、非常に怒りっぱい、

何をするにしても、とり越し苦労をする、家の中や部室の中にいるのが非常に怖い、とにかく外に出ていたい、

一肩がこる、腰が痛い、ということも発見された。
「よくわかる心の病169頁~ 




戻る